whickerまごとも

最新情報NEWS

【なぜ夏には雑草が増える?】夏の雑草のお手入れと学生によるシニアのためのお手伝いサービス!

夏になると草木が生い茂り、庭のお手入れが大変になります。

しかし、自分で草むしりなどのお手入れをしようにも、

昨今の厳しい暑さの中では熱中症のリスクなどもあり、大変な作業となります。

まして、高齢者の方などではさらに難しい作業となるでしょう。

そこで今回は、夏の大変な草むしりを楽にする方法をご紹介し、

最後にはお手入れも楽しくなるようなサービスをご紹介します!

なぜ夏は草が生い茂る?

そもそも雑草が生えてくる原因には、主に以下の原因があります。

風、雨水、鳥などに種子が運ばれてくる。

靴の裏や衣服に種子が付着して運ばれてくる。

草むしりをした後、種子が地中に残っている。

さらに、夏に雑草が生い茂る理由は、太陽光の量が増加するからです。

草にかかわらず、植物は太陽光のエネルギーを使って活きるために必要な栄養分を生成する、

光合成をおこなっています。

夏には太陽光の量が増加し、光合成に利用するエネルギーを多く取り込むことができるため、

草木の成長が著しいのです。

また、日本の夏は湿気が多く、植物が活動するのに必要な水分を多く吸収できることも

植物が大きく成長する一因であると考えられます。

以上の理由から、夏には植物が生きていくために必要な栄養分を十分に作ることができ、

水分を潤沢に吸収することができるために、植物の成長が著しいと考えられます。

雑草は抜いてもよみがえる!

残念ながら、雑草は一度や二度抜いた程度ではまた生えてきてしまいます。

特に、多年生植物と呼ばれる植物は、からだの一部分が残っていたら再生してしまいます。

芝刈り機などで刈っても、根っこが残っていると再生して成長するのです。

そのため、抜いたはずの雑草が再び生えてきている、ということが発生してしまいます。

また、雑草の種子や胞子は風に乗って遠くから運ばれてくるため、

雑草の侵入を防ぐことは非常に難しく、

雑草が生えてくるたびにお手入れが必要であり、

そもそも雑草が生えてこないようにする工夫なども必要となります。

植物の成長を抑えるためにはどうすればよい?

では、煩わしい雑草の成長に対処するためには、どのようにすればよいのでしょうか。

以下では自分でもできる植物の成長への対策についてご紹介します。

除草シートを敷く

お庭の土や砂利の下に除草シートを敷くと、

雑草がお庭に根を張ることを防ぐことができるため、

雑草の繁殖をある程度抑えることができます。

しかし、除草シートの効果は差があり、時間が経つと意外と雑草が生えていることもあります。

執筆者の祖父母の家の庭には除草シートが敷いてありましたが、

経年劣化により雑草は平常と同じように生えてきていました。

そのため、夏になると庭の草むしりにいそしんでいました。

除草剤を使う

庭に除草剤をまけば、雑草を強制的に枯らすことができるため、

雑草の発生を抑えることができます。

除草剤とは、植物を枯らすために作られた化学薬品であり、

それをつかうとその庭の雑草以外の植物まで枯らしてしまう可能性があるため、

お庭にお花や木を育てている方は注意が必要です。

定期的に草むしりをおこなう

やはり、雑草が生えてきたら定期的に一本一本草むしりをするのが一番効果的です。

大変な作業にはなりますが、庭の景観を損ねず、

危険な化学薬品を使うこともありません。

夏の炎天下で草むしりを行う場合は、熱中症に十分気を付け、

水分補給や適度な休憩を怠らないようにしましょう。

しかし、草むしりが身体上の理由で難しい方は無理はしないようにしてください。

大変な草むしりを学生がお手伝いします!『whicker まごとも』

最後にご紹介するのは『whicker まごとも』です!

『whicker まごとも』とは、シニアの方のご自宅や介護事業所に地元の学生が定期的に訪問し、

家事などのお手伝いをしながら、

まるで友達のように会話や趣味、外出やレクリエーションをおこない、

シニアの方の楽しい時間を提供します!

今回取り上げた草むしりを一緒にしつつ、学生との時間をお楽しみいただくことも可能です!

ぜひ毎回大変な草むしりを学生と一緒に楽しくやってみませんか?

若い学生との交流は非日常的で魅力的な時間となること間違いなしです!

外出の同行や病院の付き添いも承るため、

ご家族の健康状態が心配な親族の方にも安心してご利用いただけます!

『whicker まごとも』お問い合わせ:050-6863-7272

メールアドレス:whicker.jp@gmail.com